FC2ブログ

メンバーの強い志しと成長があってこそ

K9.jpg
若いメンバーも増えて賑やかです。

K6.jpg

K5.jpg

K10.jpg

K11.jpg

K8.jpg
若い子たちは真剣に先輩の縫っているところを見て覚えます。

K2.jpg
作業所では作った物を販売しています。

K1.jpg

K3.jpg
毎週土曜日はキッズクラブがあるので、子供たちの絵も貼っています。


作業所が新しい場所に移転してから半年以上経ちました。ケニアに何年かの期間で支援しているWorld Visionや他の団体・個人の支援があって可能になりました。今までのコロゴッチョスラムの小さくて暗かった作業所から一転して、贅沢すぎるくらい大きな場所を借りています。他の団体が来てもワークショップやトレーニングで使えるように大きな部屋もあり、以前よりいろいろな人が出入りしています。人が出入りすることはそれだけネットワークができたということで幸せなことだと思います。2014年に入って、彼らの活動が進展してきて、私も驚いているくらいです。この支援に常に感謝してメンバーたちは毎日頑張っています。

この女性グループ(Tuinuke na Tuendelee Mbele:立ち上がって前進しよう。)と出会って7年、Tuko Pamojaプロジェクトを始めて6年が過ぎました。最初はスラムの一角で前回よりもっと小さな場所を借りて、1台のミシンで活動を始めました。私が日本に帰国してから、ケニア支援をしているAsante Nagoyaさんと出会い現状を説明し、ご支援をいただき、ミシン2台、机、椅子が増えました。そして、翌年には、もう少し大きな場所を探して、彼ら自身が貯めたお金で更にミシンを2台、オーバーロックミシン1台を購入できるまで自立ができてきました。そして、メンバーも段々増えてきて場所が狭くなってきました。ちょうどもっと広い場所を探している時に今の場所に移転できる機会を得ました。

この6年間でいろいろな事が起こりましたが(ケニアはある意味毎日がドラマティックです)、メンバーの強い意志と広い心がここまでプロジェクトを発展させてきたのだと思います。今までに、ケニアで結成されては壊れてしまう団体を何十と見てきましたが、彼女たちは全く志しが違います。私は今では1年にたった1度のケニア訪問ですが、最初は遠隔操作(笑)が大変でしたが、今では本当に楽に皆と活動ができています。今回ほど楽なケニア滞在はないです。

彼らグループの一番素晴らしい所で大好きな所は、他から支援を受けても、自分たちの為だけにではなく、もっと貧しい家庭の子供を支援したり、教育も十分に受けてない若いシングルマザー(主に10代)を集めてグループを作り、性教育をしたり、グループセービング(グループで少しずつお金を貯めていきます。)をさせて、寄付されたミシンで収入向上活動を始めさせたりと、多方面で支援を共有することです。
これも、コロゴッチョスラムというコミュニティの環境を向上させるためでもあります。

彼らの表情も変わってきて、今では自信と誇りをもち輝いています。
最初とは全く違います。
でも人間なのでミスはつきもの。ただ同じミスを繰り返してはいけないので、先日メンバーにカツを入れました(笑)。
「腕が上がってきて自信もついてきたと思うけど、過信してはいけない。いつでも、始めた頃を思い出し基本を忘れず、努力をし続けようって。」

何度もここに書いてきましたが、私の希望は、コロゴッチョスラムというケニア人からも一歩置かれているスラムエリアで、HIV/AIDSとの偏見や差別と直面しながらも、飛びきりの笑顔で前を向いている彼らが、いつかスラムの模範となること。そして周りを刺激し、HIV陽性者が生活しやすい社会になり、共にHIV感染の軽減に繋がればと願っています。
そして、彼らの希望も同じです。

また1つ、アナウンスすることもありますが、それは後日決定してからお話します。
応援してくださいね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

讃岐 珠緒

Author:讃岐 珠緒
性別⇒地図が読める女
誕生日⇒4月13日(金)
出身&現在地⇒愛知県(名古屋)
仕事⇒薬剤師(一応)、行商人、旅人
趣味⇒一人旅、、テレマークスキー、登山、写真、読書、裁縫などなど
愛車:グラストラッカー(黒)

FACE BOOK:使用中

私について⇒
自由人、そして、なぜか日本にいないと思われている。一人旅好きで現役バックパッカー。(でも最近は良いホテルにも時々泊まる。歳のせい?)生命力と免疫力は強いらしい。海外でよく道を訊かれる。(住んでないのに・・・)。
特技:順応性。適応力。どこでも寝れて、食べれて、大声で笑って、しゃべる!

大切:そこに生きている草花、山や川などの自然、夜空を照らす月や星を見て、いつでも幸せを感じたい。

好きな言葉:『世界を変えたければ、自分自身がその変化になりなさい』、『与えることは、得ること』、『熱い心と冷たい頭をもて』

現在⇒
日本に住んでいますが、ケニアと日本の架け橋として渡り鳥のように飛び続けていきます。 HIV陽性者グループのエンパワーメントの一環として収入向上プロジェクト(IGA)を始め、彼らが作った商品を日本で販売、それと共に、貧困問題、世界と日本のHIV/AIDS問題に対する私たち皆の意識を高めるために活動しています。

商品の販売店舗⇒風´´s(名古屋・ウィルあいち内)、花学(名古屋の素敵なお花屋さん)、NATION(愛知県刈谷市のおしゃれなカフェ)

お知らせ⇒
年に1、2回ほどケニアに行きます。当活動に興味、関心のある方がいらっしゃいましたら、下記メールフォームにてお気軽にお問い合わせください。また、ご支援やご協力も常時お願いしております。

お願い⇒ケニアの仲間が作った商品を販売しております。委託販売、出張販売(東海地方)、各イベントへの参加、可能な限りチャンスをいただければ幸いです! 講演やお話会もご依頼いただければ行っています。是非、ご一報ください。

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
Click for Nairobi Jomo, ケニア Forecast
最近の記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近のコメント
メールはこちら
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
ようこそ、Tuko Pamojaの世界へ
share100
リンク

すぐに役に立つHIV情報ガイド

憲法9条を守ろう

ストップ再処理

フェアトレード
Powered By イーココロ!
National Geographic
天気予報
最近のトラックバック
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
リンク
フリーエリア
blogram投票ボタン
FC2アフィリエイト
ブログ内検索