FC2ブログ

ケニアの村の現状

私が初めてニャンザ州のゲム村に訪れたのは2008年のイースターの時期でした。
親友のメリー(プロジェクトの代表)が私に見せたい村開発プロジェクトがあると言うので、彼女とその仲間たちに連れられて行きました。初めて行きますし想像もできなかったから、とてもディープな僻地に感じました(確かに僻地なんですが。。。)

ニャンザ州はケニアのHIV感染率がナンバーワンの場所で、次にナイロビのあるナイロビ州が続きます。
去年のデータでも、かなり大きな数字が出たそうです。
このプロジェクトは2007年に彼らが始めたばかりのもので、先ず最初に村人たちのHIV/AIDSに対する啓発活動から始まりました。この村だけに限らず、田舎での問題は類似したものが多く、清潔な水(井戸)がないこと、近くにヘルスセンターやクリニックさえもないこと(行くには高い交通費が必要です)、孤児問題(HIVや防げる病気で親が亡くなって)、などがあります。

以前はHIV・AIDSという言葉でさえもタブーで、臭いものに蓋をするといった感じで、村人が死んでいっても、家族はそのまま隠して埋葬していました。しかし、今は彼らの啓発活動が浸透して、村人たちはHIV/AIDSについて学び、HIV検査も実施できるまでになりましたが、性感染を防ぐためにコンドームを使う重要性は知っていても実行していないのは現在も同じです。だから、感染率が下がらないのですね。。。
ですので、村に行くと子だくさんの家族がいっぱいです。毎年産んでいるような女性もいます。
ケニアに来てからずっと思い続けてますが、子供たちを養う・学校に出すお金がないのに、なんでそんなにたくさん産むのだろう。。。って。メリーに聞くと、「無知」だからbirth control(産児制限、避妊)しないと、今でも同じ返答です。これはナイロビのスラムと同じで、私の仲間たちもお金がないのに、子供はたくさん。。。
少子化が問題の1つとされている日本とは状況が大違いです。

上に書いたように、避妊しないから子だくさんで、15歳の女の子が妊娠して出産することも驚くことではありません。先日の布ナプキン作りワークショップでも、赤ちゃんを連れてきている16歳の女の子がいましたが、お母さんの代わりに面倒をみているんだと思ったら、自分の子供ですって! もちろん父親がいないケースがほとんです。
親や大人(男性が特に)が無知で教育の重要性を知らないから、子供も知らずに大きくなります。
村の開発と良く言いますが、先ず何よりも人の発展(啓発・教育)が最優先ですね。
文化を尊重しながら、人が変わっていったらいいなと願う、ケニアでの今日この頃です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

讃岐 珠緒

Author:讃岐 珠緒
性別⇒地図が読める女
誕生日⇒4月13日(金)
出身&現在地⇒愛知県(名古屋)
仕事⇒薬剤師(一応)、行商人、旅人
趣味⇒一人旅、、テレマークスキー、登山、写真、読書、裁縫などなど
愛車:グラストラッカー(黒)

FACE BOOK:使用中

私について⇒
自由人、そして、なぜか日本にいないと思われている。一人旅好きで現役バックパッカー。(でも最近は良いホテルにも時々泊まる。歳のせい?)生命力と免疫力は強いらしい。海外でよく道を訊かれる。(住んでないのに・・・)。
特技:順応性。適応力。どこでも寝れて、食べれて、大声で笑って、しゃべる!

大切:そこに生きている草花、山や川などの自然、夜空を照らす月や星を見て、いつでも幸せを感じたい。

好きな言葉:『世界を変えたければ、自分自身がその変化になりなさい』、『与えることは、得ること』、『熱い心と冷たい頭をもて』

現在⇒
日本に住んでいますが、ケニアと日本の架け橋として渡り鳥のように飛び続けていきます。 HIV陽性者グループのエンパワーメントの一環として収入向上プロジェクト(IGA)を始め、彼らが作った商品を日本で販売、それと共に、貧困問題、世界と日本のHIV/AIDS問題に対する私たち皆の意識を高めるために活動しています。

商品の販売店舗⇒風´´s(名古屋・ウィルあいち内)、花学(名古屋の素敵なお花屋さん)、NATION(愛知県刈谷市のおしゃれなカフェ)

お知らせ⇒
年に1、2回ほどケニアに行きます。当活動に興味、関心のある方がいらっしゃいましたら、下記メールフォームにてお気軽にお問い合わせください。また、ご支援やご協力も常時お願いしております。

お願い⇒ケニアの仲間が作った商品を販売しております。委託販売、出張販売(東海地方)、各イベントへの参加、可能な限りチャンスをいただければ幸いです! 講演やお話会もご依頼いただければ行っています。是非、ご一報ください。

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
Click for Nairobi Jomo, ケニア Forecast
最近の記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
メールはこちら
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
ようこそ、Tuko Pamojaの世界へ
share100
リンク

すぐに役に立つHIV情報ガイド

憲法9条を守ろう

ストップ再処理

フェアトレード
Powered By イーココロ!
National Geographic
天気予報
最近のトラックバック
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
リンク
フリーエリア
blogram投票ボタン
FC2アフィリエイト
ブログ内検索